topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍ちゃんとまどかマギカのSS - 2014.04.05 Sat

本当は本日はデートの予定でした。

ええ、男の子とwww
まどかマギカ叛逆の上映会をやる予定だったのですけど、今回は諸事情により中止。

ですので。

先週のオフ会で披露しました忍ちゃんのSSをお披露目しようと思います。



タイトルは
ドーナツの穴の向こう側

ええっとですね。
最初に言い訳を少々。

本来はちゃんと世界観を統一しなくてはいけませんが、この作品ある部分に矛盾があります。
いろいろ悩んだのですが、いじればいじるほどおかしくなってしまいましたので、今回はあえてほぼそのままで掲載することにしました。

化物語と魔法少女まどかマギカ叛逆の物語の世界観にかなり立ち入った部分があります。
ご了承のうえ、お読み下さい。

初めてのSSですので、どこまで描けたやら・・・

では、よろしかったらRead Moreよりお進みください。

本日のいろいろは明日に延期しますw

ではでは!





 この物語は、主とはぐれてしまった吸血鬼の少女のお話です


1404052.jpg


「…なんじゃい」
儂が見る、その先にその少女はいた。
黒髪がとてもきれいで。
いつか泣いてしまいそうな、どこか悲しい目をしていた。

「あなたは、だれ?…何者?」

まるで恐れる様子もなくその女は近づいてくる。
可愛げのない面構えじゃのう。
儂はこういう物怖じしないタイプが嫌いなんじゃが…

そもそも無礼千万なやつじゃ。
人にものを尋ねるときは先ず自分が名乗るものじゃろうに…

まるで魔に魅入られたようなその瞳を睨みながら、ゆっくりとその少女と対置する。

「この若造が…」

「…幼女が何を言っているの?」
不思議そうにその娘は、表情も変えずに呟きおった…



儂の名前は…
今は「忍野忍」

あの軽薄アロハ小僧に、こんな名前で縛られてしまってはおるが、これでも吸血鬼じゃ。
鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼、怪異の王にして最強の怪異。
そんな風に恐れられておった時期もあったが、今では自分で言うのもなんじゃが愛らしい幼女の姿に身をやつしておる。

この幼女の姿は、ときには不便極まりない。
まぁ、食事には困らんがの。
そんな儂が、わが主様と離ればなれになって数日が経った。
離れれればそれはそれで快適なのじゃが、一緒にいないといろいろ不便もあるでの。
仕方なく、本当に仕方なくわが主様を探しに出たのじゃが。
ある時、儂は誘い込まれるようにこの街にやってきた。



異様な街じゃった。
街自体が…怪異のような街じゃ。

ここだけが一つの世界になっておった。
まるでボールか何かの中に閉じ込められたような息苦しさを感じた。

儂は出口を探して。
路地裏に入ったところでこの少女に捕まってしまったというわけじゃ。

しかしこの娘っこ、中学生のような制服を着ておるが、なかなかどうして。
その中から漂う妖気はそんな甘いものではないわ。

まぁ、全盛期の頃ではないにしろ、儂の敵ではないようじゃがの。

それにしても不思議な雰囲気じゃの、この娘。
格好は中学生のようじゃが、雰囲気や中身はもっと大人のそれを持っておる。

イヤナカンジガスル…

全身の毛が逆立つような、闘争本能を逆なでするような感情が儂を襲ってきた。
久々に、得体のしれぬ何かにじゃ。

張り詰めた雰囲気に、割り込んできたのはまたもや少女の声じゃった。

1404053.jpg

「暁美さん!どうしたの?」
ぞろぞろと集まってきた少女たち。
同じ制服を着ているところを見ると、同じ学校の生徒…なのか?

「ほむらちゃん!大丈夫?」
「なに?どうしたの?その女の子、誰?」
「なんだ、弱い者いじめかよ?らしくないな?」
口々に言いながら集まってきた少女たち。全部で5人…か。
面倒なことになってきたのう…まとめて喰らってしまおうか…

「みんな、気を付けて。この女の子、雰囲気がおかしいわ。」
ほむらと呼ばれた黒髪の少女が全員を制しおった。

…なんじゃ、この女…

「あなた…本当に何者なの?」
再び近づく少女。しかたないのう。
面倒事は嫌いなんじゃが、ここがやるしかないか…

そう思ってほむらという、少女の腹に蹴りを繰り出した時じゃった。


すごく嫌な感じがした。

うまく言えないのじゃ。
ひたすら、嫌な感じがした。

その感じは的中した。
儂の蹴りは空を切り、バランスを崩した体は大きく宙に弧を描く。


そこにいるはずの少女は、そこにいて気を失っているはずの少女は儂の後ろに立って銃を構えていた。



「あ、暁美さん!」
「おま、そんな小さな女の子に何を!」

「あなたたち!」
大声で全員を一括する黒髪の少女。
「今のこの女の子の動き、見てなかったの?」

「この子、人間じゃないわ!!」

その瞬間、周囲の全員の雰囲気が変わった。

なんじゃい、この楽しい展開は…
ちょっと迷子になってかと思ったら、こんな楽しいことになるなんて!
退屈しのぎにちょうどいいわい。
ちょっとくらいいいよな、わが主様よ。

ちょっとくらい暴れても…



そこで儂の記憶が停まった。
停められたといったほうが正解かの。
あの闇に包まれたような、そんな感じじゃ。

儂の感覚が再び戻った時、儂は草原のような砂漠のような、場所におった。

儂の迷い込んだ町はそこにはなく、目の前には猫のようなふざけた顔をした白い小動物が一匹、儂を見つめている。

1404054.jpg

「やぁ」
な、なんじゃ!この白いの、しゃべりおった!
「そんなに驚くことはないじゃないか。きみだって、人間じゃないんだろう?」
なんじゃ、こいつは?怪異か?
「怪異?僕の知識にはその名前はないね。
 僕の名前はきゅうべぇ。」
可愛いかもしれんが、可愛げのない名前じゃの?
「随分ひどいことをさらっというね。
 まぁいいや。まずは謝らせてもらうよ。
 今回、君がここにやってきたのはイレギュラーなんだ。」
ここ?この街の事か。この街はなんなんじゃ?
「ここは見滝原市。あの女の子たちの護っている町さ。」
護る?正義の味方かなんかか?
「よくわかったね。その通り。彼女たちは魔法少女だよ。
 この街を守ることで存在し、その意義を保つ者たちだ。」
少女…ねぇ?どう見ても少女じゃない者もおったが?
「暁美ほむらの事かい?よくわかったね。君はいったい何者だい?」
儂か?儂はただの吸血鬼じゃ?
「吸血鬼?人間の空想から生み出した怪異の一種かい?」
なんじゃ、うぬも随分ひどいこと言うのう。
「そんなに違ってはいないと思うよ。人類の歴史の中に、確かに怪異は存在している。
 でも、それはあくまで空想の世界であって、現実にそれが出現することはなかったはずだ。
 人間は空想で生み出した怪異におびえ、敬うことで自分たちに秩序を生み出したんだ。」
それは神様を崇め奉るように…ということかの?
「…君は本当にいったい何者なんだい?」
そんな不思議がることもあるまいに。
儂はそんな歴史を眺めてきたのじゃ。そんなに驚くことじゃないよ。
「…君も神なのかい?」



…も?



そこで再び、すべてが停まった。

停まった様に感じたというほうが正解かのぉ…



停まった世界の向こうから、光があふれてきた。
あふれた光の向こうに、彼女は現れたのじゃ。

何もかも包み込むような、優しい笑顔で。
暖かく、安心するような笑みで。

まるでこの世の闇を全て包むかのような、そんな笑顔じゃった。

彼女は・・・しばし儂を見つめて、やっと状況を理解したように優しく話しかけてきおったわ・・・

「…ごめんね?」
なにがじゃ?
「こんなことに巻き込んじゃって」
ふん、何をいまさら。
そんなことより、その格好…うぬが神様かの?
「そうだよ。よくわかったね。」
まぶしい光の中で、娘は柔らかくほほ笑んだ。
ん?うぬはさっきの…

1404055.jpg

言いかかった儂の言葉を、神様はそっと遮った。
「そう」
神様…か。
じゃぁさっきのあの黒髪は…
「ほむらちゃんはね、私が神様になるきっかけをくれた、私の大切な人。」
きっかけ?
「そう、すごく大事な人。
 だから、私はほむらちゃんが私のところにちゃんと来れるように、見守ってるんだ」
なんじゃ、ずいぶんけなげな神様じゃの?
「えへへ…」
何じゃ、もじもじと。恋人同士みたいに照れおって。
まぁいいわい。儂をもとの世界に戻してはもらえんか?
「そんなの簡単だよ?」
いつの間にか、さっきの5人組のひとり、青い髪の少女が立っておった。
「この世界は中から外への干渉は簡単なんだ。
 入るのは難しいけどね、出るのはそうでもない」
どうすればいいんじゃ?
「想うのです」
いつの間にかもう一人、儂と似たような背格好の幼女が立っていた。
「想えば出られます。あなたにはその資格がありそうです」
なんじゃ、うぬらは。
見たところ神様ではなさそうじゃしの。

「はい!なぎさは…」
「あたしたちは、カバン持ちみたいなもんですわ!」





再び、時間が流れ出した。




意識の彼方に、神様たちの言葉が聞こえてきた。
「ねぇ、忍ちゃん」
なんじゃ?
「忍ちゃんには逢いたい人がいるの?」

うむ、おるぞ?

どうしょうもなくスケベで。
かっこ悪くて。
女たらしで。

でも、大事なわが主様が。

儂がいないと、どうしようもないから。
だから、儂が迎えに行ってやるんじゃよ?

「ふうん…」
のう、神様よ。
あの黒髪の娘も相当うぬのことが好きな様じゃな…
「えへへ!わかっちゃう?」

だてに600年は生きてないわ!

苦しいくらいの気持ちが伝わっては来るが…
しかしあの気持ちは危険じゃぞ?




全てを壊しかねない、そんな不条理を感じるが…

「大丈夫!」
ん?
「大丈夫だよ?」


「何度でも、何度でも繰り返すから。
 ほむらちゃんと幸せに暮らせる世界を探して。
 ほむらちゃんがそうしてくれたように。
 いくつもの時間軸を探して、私を追いかけてくれたようにね!」



…その気持ち、儂もちょっとだけわかるぞ?
「へぇ、見た目は幼女なのにね?」
「さやかは茶化すのはやめるのです!」
「へいへい」
いい仲間に囲まれておるようじゃな?
「うん。
ほむらちゃんも大丈夫。
あそこには、マミさんも杏子ちゃんもいるもの」
…そうか

じゃぁ、神様。
こっちの世界はよろしく頼んだぞ!
「なによ、あんたも神様みたいな口ぶりね!」
そりゃぁ、そうじゃ!


キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードは神様じゃったこともある。


ほんのちょっとやり方を間違えたが。
パートナーがいればきっとうまくいくじゃろ?



見滝原という町は、その後一回も見ることはできんかった。
元委員長に聞いても、そんな街は存在しないという。

あれが夢かうつつか幻かは知らんが。

きっとあの魔法少女とやらは存在したんじゃろうな…

どんな魔法かは知らんが、一回くらいは遊んでみたかったの!
のう、わが主様よ?


14040506.jpg

かかっ!


                           劇 終






いかがでしたでしょうか?
かなりとっ散らかった話にはなってしまいましたが、精いっぱいストーリーは考えてます。

よろしかったらご感想などいただけると嬉しいです!


ではでは!

● COMMENT ●

早めに新編を見なくては!

私は先日、読んでおりました!

[新編]叛逆の物語を見てから感想コメントをと思ってましたが、
意外に早いブログ公開に驚きでした。

さすがヒデ王さんですね~忍ちゃんの描写はピカイチでしたよ!
やはり挿絵があるとイイですね・・・でも文章で挿絵と同じようなイメージは
見えてました! 面白かったですw

SS中の「そこで儂の記憶が停まった。」というあたりから[新編]叛逆の物語の
内容に入っているんですよね?精神世界のような状態なんでしょうね・・・
私的には忍ちゃんにもうひと暴れして欲しい気はしましたw

タイトルも意味深で良かったと思います!

私も早めに新編を見なくては! それではまた!ノシ

SS、これはやはり叛逆の確信を突いたような内容でしたね・・
見る機会があるかは分かりませんが、叛逆見てからの方がより内容がわかると同時にネタバレも避けられるかと思いましたが、今回で全部読んでしまいましたw

ちなみにもらった漫画のSSは、「ほむらちゃんはね、私が神様になるきっかけをくれた、私の大切な人。」まで読んで「これ以上は色々とあかん!」と本能が告げたのでここまで読んでましたw
・・十分確信に触れてますよね、これ・・?

しかし絵があるとまたわかりやすいですねw
俺は全員のフルネームを知ってるわけではないので、苗字で出て来ると「誰?」となりましたし。
まあ文章を読んでいけば誰かは分かるんですけどねw
叛逆がどう終わるのかは分かりませんが、読んでて面白かったですw
600歳幼女というオチ付きですね(;・∀・)

叛逆気になりますねぇ・・
俺はその前にアニメを見なければですが・・

良くこんなストーリー思いつきますなぁ~

面白かったですよ!( ´∀` )

忍もタイムスリップの後は次元トリップとは散散ですなw

是非これを漫画にww



Nitto-GTさま、ようこそいらっしゃいました!

> 私は先日、読んでおりました!
ありがとうございます!
こんな話になりました!

> [新編]叛逆の物語を見てから感想コメントをと思ってましたが、
> 意外に早いブログ公開に驚きでした。
いろいろ試行錯誤をしていくうちにどんどんいろいろな可能性が見えてきました。
そうなるとだんだん収拾もつかなくなるものでしてwww
今回はこの2つの世界を併せるという目的から逸脱する前に、ここで形を作るのが一番得策と判断しました。

やはり作り手に迷いが出れば、受け手にもその迷いは伝わりますので・・・
まだご覧になってない方も多いかとは思いますが、悪意ではなく世界観の問題として出すことにしました。

2次創作はあくまでも2次創作でして、その元を知っていないことには成立しないんですよね・・・

> さすがヒデ王さんですね~忍ちゃんの描写はピカイチでしたよ!
> やはり挿絵があるとイイですね・・・でも文章で挿絵と同じようなイメージは
> 見えてました! 面白かったですw
ありがとうございます!
今回は挿絵ということを意識してこういう絵で描いてみました!
イメージができてくれると嬉しいです!

> SS中の「そこで儂の記憶が停まった。」というあたりから[新編]叛逆の物語の
> 内容に入っているんですよね?精神世界のような状態なんでしょうね・・・
> 私的には忍ちゃんにもうひと暴れして欲しい気はしましたw
忍無双にしようかとも思っていたのですけど、忍の戦闘シーンで無駄にページを使いそうでしたのでwww

忍大暴れのシーンを追加してみるか・・・(こういうことを考え始めると、どこに行きつくのかわからなくなりますwww)

> タイトルも意味深で良かったと思います!
忍ちゃんにはやっぱりドーナツかなと・・・
どこに着地させるかで、話が変わってきますが。
今回は忍主眼で描いてますのでこういうタイトルにしてみました!

> 私も早めに新編を見なくては! それではまた!ノシ
機会があればぜひ観ていただきたいです。
あの世界は純粋にすごいと思います。

楽しんでいただけたら嬉しいです!
ではでは!

とても良いストーリーでした!

起承転結とてもまとまった素晴らしいストーリーでした!このように綺麗にまとめられるのは才能としか思えません!二人の神様の会話とても面白かったです!

さやかちゃんや渚ちゃんも出てきてそれが話しているだけでそのキャラがあたかも動いて会話しているように思えました!

世界観の部分で違いそうなのは気になっておりましたが…あるとしたら忍ちゃんが主と離れたら消滅するあたりでしょうか?でもまどマギの方ですかね?気になります(笑)

また素晴らしい作品を読ませて下さい!

R2さま、ようこそいらっしゃいました!

> SS、これはやはり叛逆の確信を突いたような内容でしたね・・
> 見る機会があるかは分かりませんが、叛逆見てからの方がより内容がわかると同時にネタバレも避けられるかと思いましたが、今回で全部読んでしまいましたw
観てほしいですwww
世界観もそうですけど、この作品に関してはすごくいろいろな伏線とその回収があります。
あのグループの作る作品は、化物語といい驚かされるものが多いです。
まぁ、今回の作品に関しては押井守作品のような面白さがありました。
いい意味で見る側を裏切ってくれますw

> ちなみにもらった漫画のSSは、「ほむらちゃんはね、私が神様になるきっかけをくれた、私の大切な人。」まで読んで「これ以上は色々とあかん!」と本能が告げたのでここまで読んでましたw
> ・・十分確信に触れてますよね、これ・・?
これはww
まぁ、まどかマギカのおそらく全体のテーマになりましたねw

でも、神様の話はテレビシリーズの話ですのでwwww

> しかし絵があるとまたわかりやすいですねw
> 俺は全員のフルネームを知ってるわけではないので、苗字で出て来ると「誰?」となりましたし。
> まあ文章を読んでいけば誰かは分かるんですけどねw
そこが2次創作の難しいところと思っています。
あくまで受け手がその話や登場人物を知っているのが前提なので・・・

まぁ、そう考えるとすごく楽なんですけどw

> 叛逆がどう終わるのかは分かりませんが、読んでて面白かったですw
> 600歳幼女というオチ付きですね(;・∀・)
600歳の幼女は化物語を観てくださいwwww

結構何気ない面白さもいっぱいあります。
日常的な面白さという点では化物語のほうが面白いかも知れませんねw

> 叛逆気になりますねぇ・・
> 俺はその前にアニメを見なければですが・・
8時間で全部見終わりますwwww

でも、途中からどんどん引き込まれていくと思います。
あのマジックは味わっても損はないと思います。

ありがとうございました!
ではでは!

マツさま、ようこそいらっしゃいました!

> 良くこんなストーリー思いつきますなぁ~
> 面白かったですよ!( ´∀` )
ありがとうございます!
今回は忍メインの話を作っていたのですが、忍とまどマギメンバーを併せるとこういう世界がしっくりきました。

> 忍もタイムスリップの後は次元トリップとは散散ですなw
> 是非これを漫画にww
これに関してはSSという題材で描いてますので、できれば頭の中で想像してほしいですw
イメージはありますので、そのうち描くのも面白いとは思いますがww

読んでいる人の脳裏に忍が動いてくれるような、そんな作品を描きたいですねw

ありがとうございました!
ではでは!

takubomay55さま、ようこそいらっしゃいました!(ネタバレしてますw)

> 起承転結とてもまとまった素晴らしいストーリーでした!このように綺麗にまとめられるのは才能としか思えません!二人の神様の会話とても面白かったです!
ありがとうございます!
忍メインの話として考えましたが、二つの世界が上手く交わってくれるとおもしろいかなと思って描いてみました。
特に最後の会話は拾ってもらえてうれしいです。

> さやかちゃんや渚ちゃんも出てきてそれが話しているだけでそのキャラがあたかも動いて会話しているように思えました!
今回は叛逆の世界観に忍ちゃんを取り込んでみましたので、こういう形になりました。
となると、やはりこの2人にがんばってもらわないと話が進まない感じがしてwww

さりげなく動いて、さりげなく参加してくれるとすごくうれしいです。

> 世界観の部分で違いそうなのは気になっておりましたが…あるとしたら忍ちゃんが主と離れたら消滅するあたりでしょうか?でもまどマギの方ですかね?気になります(笑)
時間軸としては、つばさタイガーの時の離れちゃった忍ちゃんをモチーフにしています。
ですので、この場合は探している忍ちゃんですので消滅は考えていませんでした。

間違えたなぁと思ったのは、まどかマギカの時間軸です。
本来この世界ではまどかの意識はなかったはずなので(映画の中ではまどか自身の意識や意図がないのが、あの叛逆の世界を構成しているように思います。まどかが迎えに来るシーンの「忘れていた」というセリフが、それを表しています)ほむをまどかが見守っている設定は、あの見滝原市にはないはずなんですね。
すべてはほむらがまどかのためにという世界なので、まどかがほむらのためには、最後に迎えに来る以外は本来はないはずなんです。

ですが、この部分を書き換えてしまうと最後の2人の会話が成り立たなくなってしまいます。

やっぱり、描いてて一番楽しかったのはまどかのほむらへの想いと、忍ちゃんの想いの2つになると思います。
ですので、ここは改変できないと思い、この形のままでオチを付けることにしました。

ここが上手く表現できるといいのですけど、この辺はまだまだ修行が必要な様ですw

> また素晴らしい作品を読ませて下さい!
ありがとうございました。
また機会があればSSも挑戦したいと思っています!

ではでは!

とっても面白かったです!(>Д<)❤
特にまどかちゃんのほむらちゃんを想う気持ちがッ❤❤❤

Baby pink amyさま、ようこそいらっしゃいました!

> とっても面白かったです!(>Д<)❤
ありがとうございます!!!
喜んでいただけると嬉しいです!!

> 特にまどかちゃんのほむらちゃんを想う気持ちがッ❤❤❤
そこが今回は一番だったかも!
ありがとうございます!
ではでは!

おおっ神様対決ですね
偶然(?)二つの世界が交わった世界だったんでしょうか?
見てないので詳しくはわからないのですが
ほむさんはまどかさんを追いかけることになるのか…

この世界での主様はおとうさんなのかな?w

ダメ子さま、ようこそいらっしゃいました!

> おおっ神様対決ですね
> 偶然(?)二つの世界が交わった世界だったんでしょうか?
> 見てないので詳しくはわからないのですが
> ほむさんはまどかさんを追いかけることになるのか…
この辺はうまく融合できるとよかったのですが。
おとうさんの今後の課題ですね。

二つの世界を結びつけるのは結構強引な技ですので、しっかり描ければいいなぁと思っています。

> この世界での主様はおとうさんなのかな?w
ww
それはあえて描いてません。
ですので、暦君の名前も出てません。

そのへんも、こういうSSの楽しさかなと思っています。

楽しんでいただければ嬉しいです!
ではでは!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideking0512.blog137.fc2.com/tb.php/1060-3f7cf9e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寒い!寒いよ! «  | BLOG TOP |  » 今さらですがw

プロフィール

ヒデ王

Author:ヒデ王
ようこそいらっしゃいました。
基本的に落書きメインになりました。
買ったもの自慢や、妄想を落書きしています。

たまにですが、健康についても語ったりします。

いい歳をして夢見るおじさんの近況や思ったことをこっそり書いています。

来るもの拒まず去るもの追わず、モモクリ三年描き八年。
まだまだ頑張るおじさんと遊びましょ?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
日常 (119)
アニメ (20)
ゲーム (44)
健康 (15)
ライブ (1)
お絵かき (873)
学校 (7)
フィギュア (3)
お題 (3)
頂き物 (4)
動画! (2)
告知 (9)
イベント (4)
艦これ (1)
切り絵 (8)
オフ会 (6)
ドール (3)
お絵かき+α (1)

おかえりなさいませご主人さま

あなたは2011年8月1日から数えて

番目のご主人さまです

Pixiv

こちらにも投稿しています

よろしくおねがいします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。