topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘違い - 2012.10.12 Fri

明日は休みです。

明後日は少し用事があります。

ってことは、お題を描けるのは今日しかないかも。

・・・か、勘違いしないでよね!
サービスなんて考えてないんだから!

こんばんは。ヒデ王です。
昨日まで仕事に追い詰められておりまして、今日はもうさっさと終わったら帰って絵を描こうと思っていましたら。
今朝の申し送りで、今日は会議があると言い渡されました。

まぁいいんですけどね。
残業代もらえるし。がんばって仕事だーい!

で、終わって帰ってきて、ご飯食べてコメ返信して。
気付いたら9時回ってます。

こっから大急ぎで描いてどこまで描けるか判りませんけど、とりあえず言いだしっぺなのでちゃんと描こうと思います。

つうことで、今回は大真面目に描きましょう。

こんかいのお題は

勘違い

でございます。
皆様現在過去未来、色んな人生を送ってきた中でさぞ面白い勘違いをなさったのではないでしょうか。

もちろん、色んな勘違いがあると思います。
コンビニで買い物しようとしたら、100円玉と50円玉を勘違いしていてお金が足りなかったりとか。

ナンダこの店安いジャンって思ってジャンジャン注文していたら、お金の表示が円じゃなくってドルだったとか。

色んな勘違いがあると思いますけど。
思い出すのも恥ずかしい勘違いなんかもありますよね。

おねえちゃんのいる店でいい気になってヘネシーなんか注文して。
味なんかわからないのにテイスティング。
実は中味は安いブランデーだったりして。

ああ勘違い。
では行ってみましょう!





囚われの身になったミク忍者。
バカ殿の執拗な拷問は続く。
「どうだ、吐く気になったか?」
「エロエロエロエロエロエロエロ~」
「うわ、汚い!って、その吐くじゃないわ!」
「・・・ふん!」
「強情っぱりめ。まぁいい、拷問を続けてやる。」
「ZZZ・・・」
「・・・って、寝るな!ええい、くそう、ワシ秘蔵のコーヒーを飲ませて目を覚ませてやる。」
ガチャガチャ
「・・・あったあった。ほれ、飲め!苦いだろう!ブラックコーヒーじゃ!」




「・・・っぺ!こんな甘いコーヒー飲めるか!」
「な、なんだと?ワシの大好きなブラックコーヒーを甘いなんて、貴様どんな舌を・・・」

「・・・む?」
「甘いだろ?」



「しまった、缶違いだ!」



ジョウダンデスヨ!
ちょっと勘違いしてました。
いつものミク編から始めなくちゃと思いましたが、なんか上手くつながらないんですよ。
もうムリクリ感がバリバリです。



では、改めまして。
一応最初に断っておきますが、この話はフィクションです。

「・・・で、なに?」
夕焼けに染まる校舎の屋上。
色々考えた上でのシチュエーションだ。

彼女は同級生。
一緒に文化祭の出し物をやることになって、初めて話した。
ホントに初めてだったんだ。
クラスは2年間一緒なのに。
話したことすらなかったし、特に気にしてもいなかった。

そして文化祭の出し物が決まり、彼女と一緒に研究発表をすることになった。

彼女は思ったより明るい子だった。
打ち合わせのためにといい、一緒に帰った。
帰り道、マックでお茶しながら他愛のないことを話した。

屈託のない笑顔が眩しかった。

いつしか、彼女との距離は縮まった。

肩を寄せ合い、研究発表の準備をした。
わからないことがあって困る僕を、彼女は時に笑顔で、時に真顔で叱咤激励してくれた。




・・・彼女に恋をしたと気付いたのは、発表の前日だった。




気になると、どうにもならない。
声が上ずる。
まともに顔が見れない。

発表の結果は散々だった。

あがってしまった僕は、原稿をまともに読むことさえ出来なかった。
一生懸命彼女はフォローしてくれた。
まるで、夫婦のように。

もう僕の気持ちは止まらなかった。

文化祭ももう終わりというとき、僕は彼女を屋上に呼び出した。
僕の呼び出しに、彼女は快く応じてくれた。


僕は確信した。

彼女もきっと僕のことを・・・




夕日の中、僕は彼女に告白した。

シンプルに、一言「好きだ!」と言った。

彼女の口から出てくる言葉を、僕は息を呑んで待った。


まるで永遠の時間が過ぎたようだった。

彼女はにこっと微笑んだ。
僕は安堵した。
全身の力が抜けるようだった。

告白してよかった。


まぶしい光の中、彼女は微笑みながら言った。
1210122.jpg

「ごめん、勘違いさせちゃった?」



ナニを言ってるんだろう。
僕は耳を疑った。
「ごめーん、あたし彼氏いるんだよね。なんか勘違いさせちゃったかな?」

「あ、あははは!そ、そんなことあるわけないじゃん、冗談だよ、冗談!」
「だよね?そんな感じじゃなかったもんね!」
「うん、ちょっとビックリさせたくってさ。発表ありがとな!」
「えへへー、まぁね、がんばったしね。今度マックおごんなさいよ!」
「おう、いいぜ!すきなもんおごっちゃる!」
「まじで?やった!・・・あ、ごめん、あたし行かなくっちゃ。」
「おう、悪かったな!呼び出して!」
「ん~ん、いいよ!じゃ、まったね!」
「おう!」






・・・勘違いと気付くのは少し遅かった気がする。

涙をぬぐいながら、僕は屋上に立っていた。

そして後夜祭のアナウンスの中、学校を後にした。



って感じでいかがでしょうか!勘違い!

え?何マジに描いてんのかって?
おとうさんいつでもマジですよ。

では今日はこの辺で。
皆様の勘違いも楽しみに待ってます!












・・・はいはい。
3本考えましたよwwwちゃんとwww









今回は結構短い時間でしたので、上手く表現できたか少々不安ですが。



では、3本目。
少々大人向けの表現を含んでおりますので、未成年の方は薄目でお読みください。






新宿のファッションホテルの一室にいる。
今日のオレはついている。
ぶらっと立ち寄った店には、可愛い女の子がいた。

ちょっと胸が小さいし、背も高いがその辺もオレ好みだ。

しばらくその店で呑んだ後、オレは彼女と意気投合してその店を後にした。

その後何軒かはしごした。
彼女は酒に強かった。
オレは彼女のペースに引っ張られるように酒を呑んだ。

かなりべろべろになりかかったオレを、彼女は優しく介抱してくれた。

そして、彼女はオレの肩を抱き、夜道で耳元にそっと囁いた。

「・・・泊まってく?」

断る理由なんてないね。
ちょっと悪戯な微笑みもオレ好みだ。

そしてちょっと積極的な性格も。

オレたちは、手近のホテルに入った。
もしかしたら彼女は最初からここに来るつもりだったのかもしれない。

もしかしたら泥棒?美人局?
酔ったオレから財布を盗むつもりか?

色んな不安がオレの頭をよぎった。
しかし、そんな不安は彼女の情熱的な接吻が全て吹き飛ばしてくれた。

何度も接吻を交わした。
彼女は恥ずかしげにこう言った。

「・・・電気、消して?」

ああ、いいとも!
オレは電気を消すと、彼女をベッドに押し倒した。
むさぼるように胸に手を這わす。

彼女の手も積極的にオレに伸びてくる。
その手つきに、オレは気を失いそうになったね。

コイツはすごいぜ。

そして、彼女はオレをがっちり抱きしめた。

「・・・来て?」

耳元で彼女は囁いた
オレは夢中で、彼女のそこに手を伸ばした。
1210123.jpg
「?」

そこには触りなれた感触があった。
いや、そんなことはないな。



・・・オレのより遥かにでかい!

「あん!」

彼女は恥ずかしそうにそう喘ぐ







・・・とりあえず逃げようとは試みたさ。

でもな。

世の中には無駄なこともあるんだよ。

がっちり抱きしめられたオレは、再度接吻された・・・






アッーーーーー!!!!





・・・嗚呼勘違い・・・



もう一度、念のために書いておきますけど、今回の話は全てフィクションですよ!


いかがでしたでしょうか。
勘違い編。

皆様の御感想や、皆様の勘違いを楽しみに待ってます!

ではでは!






・・・いてて・・・


● COMMENT ●

お疲れ様でしたVv

9時回ってから3つも!!すごいです!!
一枚目のヒデ王さんのどSな顔(笑)二枚目は切ないですね・・・あたしの連れがこれと同じような事になりやけ酒に付き合ってますよ(汗)なんか思い出してしまいました(汗)
3枚目、これはショッキングですね!!でもこれはヒデ王さんの本領発揮じやないですか(笑)これ見たときに来た~~!って思いました(笑)

こんばんは!
ちょ、ヒデ王様!
神降臨ですね!!素晴らしい!
小説がまた!
私の好きなちょっと大人っぽいミクさん♡
スクロールするの楽しかったです♪
短時間でここまで描かれるのも尊敬ものです。
イラスト集本にして欲しいです!
眼福でした、ありがとうございました!

ちょっとがんばってみましたwww

マダムまろんさま、ようこそいらっしゃいました!

> 9時回ってから3つも!!すごいです!!
ナンだかいつもの暴走機関車です。
落ち着いた1枚を描けばいいんでしょうけど、まぁ、こんな感じでカンベンしてもらえたらなぁ。
最近更新時間が遅いので、もう少し早くしようとは思います。

> 一枚目のヒデ王さんのどSな顔(笑)二枚目は切ないですね・・・あたしの連れがこれと同じような事になりやけ酒に付き合ってますよ(汗)なんか思い出してしまいました(汗)
ミク忍者、色々オチを考えたんですがなかなかいいのが思いつきません。
自分で振ったお題ですが、結構絵にするの大変ですねwww
2枚目は経験ある人多いんじゃないでしょうかね。
おとうさんも昔、絶対この子と上手く行くと思って告白して振られた経験があります。

今回の話はフィクションですよ?
何せおとうさんは男子校なんですからwww

> 3枚目、これはショッキングですね!!でもこれはヒデ王さんの本領発揮じやないですか(笑)これ見たときに来た~~!って思いました(笑)
ありがとうございます。
これは実は知人から聞いた話でして。
相手のを握った時は本気で焦ったそうです。

まぁそりゃそうだwww

でも、全くわかんない子もいますからね。男の娘。
くわばらくわばら。

では、またの御来訪楽しみにしています。

調子に乗っちゃいますよ♪

ふじもとさま、ようこそいらっしゃいました。

> ちょ、ヒデ王様!
> 神降臨ですね!!素晴らしい!
そんないやんウェヒヒヒ♪
調子に乗っちゃいますのでおだててください♪
でも今回は描いてて結構楽しかったのです。
困ったものですwww

> 小説がまた!
> 私の好きなちょっと大人っぽいミクさん♡
> スクロールするの楽しかったです♪
今回は少し小説が長かったかなと反省しています。
でもまぁ楽しんでもらえたら嬉しいですね。
ちょーっとエッチな雰囲気にも挑戦しました。
ついでにハードボイルドっぽい感じにも。

・・・まぁおとうさんには似合わないのはよく判りましたVv

> 短時間でここまで描かれるのも尊敬ものです。
> イラスト集本にして欲しいです!
今まで描いた絵を眺めていると結構な量がありまして。
かなりどうしようかなって量になっています。
ほとんど完全に落書きですのでアレなんですけどね。

> 眼福でした、ありがとうございました!
いえいえ、とんでもございません。
楽しんでいただければ何よりです。

では、またの御来訪を心よりお待ちしております。

かなぶんです。

 ヒデ王様

 勘違い話を、私も一つ…。

 猛暑の夏、クールビズの一環で、役所でアロハシャツを着ようという動きがあるとのニュースを聞きまして、同僚に、
 「ねえ知ってる?役所の人がアロハになるんだって!」
 と言おうとして、私ってば勘違いして、
 「役所の人がアフロになるんだって!」
 …と、言ってしまいました。チャンチャン。

 と、ここまで書いて、前半の「アロハシャツ」という単語を「アフロシャツ」と書いていたのに気づき、そっと修正したのは内緒の話です。どんだけアフロが好きなんだ!ああ勘違い。

 関係ないけど、前記事のタイトル「たいへんだたいへんだへんたいだ!」って、奇面組ですか?

 また遊びに来ます!(*^-^*)ノ~~

勘違い、大したネタではないんですが、このお題は俺も参戦したいかな~とか考えてるんですよね。
いえ、もうそれは酷い絵なのでブログネタとして考えてるだけなんですが・・w

缶違い!www
これは笑わせてもらいましたよw
上手すぎてヒデ王さんに座布団3枚くらい持ってってもらいたいくらいですw
そして結構エロい!w
2枚目は女が悪女に思えてきますね・・
こういう勘違いさせてくる女は俺は嫌いです。
・・いえ、過去に苦い経験があるとかそういうことではなくてですね・・
3枚目はまさかまさかのですね・・w
これはまた恐ろしい・・

フィクション・・ですよね・・?
案外ちょっとはヒデ王さんの実体験を元にしてるのでは?とも思ってみたりもしましたが・・w

見事な勘違いでしたよw

勘違い、ヒデ王さんはもう3枚描くのが前提って感じになってますねwwごちそうさまです!
1枚目、缶違い。ミク忍者の素顔と豊満な胸が明かされた回となりましたねw
今回はミクさんよりMAXコーヒーをノリノリで握りしめているヒデ王さんに萌えました。
缶違ってるのにノリノリとか、S心がうずきます。罵りたい。
ハッ、まさかこれはミクの下克上フラグ……!?

そして2枚目。途中でネタはわかったはずなのに、表情が小悪魔すぎて胸が痛いです。
彼氏いるなら思わせぶりな態度とらないでよ!夫婦みたいな立ち位置にこないでよ!
小説の会話が自然すぎて、それも悲しさレベルをあげてますね……。

で、3枚目!どうもBLごちそうさまです。
こっちはオチが予想の斜め上を行ってて笑わせてもらいましたww
それにしても、これは勘違いレベルがすごいですねぇ。たーいへーん。(他人事)
知人の方は結局どうしたのか気になりますが、とりあえずご愁傷様ですとだけお伝え下さいw

今回はお題なだけに絵も小説も、すごく楽しませていただきました!俺もがんばらねば。

アロハとアフロ

かなぶんさま、ようこそいらっしゃいました。

確かにアフロとアロハ、似ています。
アフロシャツってどんなシャツだったんでしょうね。
ちょっと気になりますけど。

面白いお話ありがとうございます。

>  関係ないけど、前記事のタイトル「たいへんだたいへんだへんたいだ!」って、奇面組ですか?
・・・わかってくれたのはかなぶんさまだけです。
触れられもしませんでしたので、おとうさんもスルーの方向かと思っていましたwww
ありがとうございます。

では、またの御来訪を楽しみに待っています。

Re: タイトルなし

月下☆美人さま、ようこそいらっしゃいました。

> 勘違い、大したネタではないんですが、このお題は俺も参戦したいかな~とか考えてるんですよね。
> いえ、もうそれは酷い絵なのでブログネタとして考えてるだけなんですが・・w
楽しみにしています。
上手い下手は関係ありません。参加することに意義があります。

> 缶違い!www
> これは笑わせてもらいましたよw
> 上手すぎてヒデ王さんに座布団3枚くらい持ってってもらいたいくらいですw
ありがとうございます。
笑っていただけると嬉しいなぁと思っていました。
くだらないねたで申し訳ないのですけどwww

> そして結構エロい!w
おっぱいですね。
わかりましたVv

> 2枚目は女が悪女に思えてきますね・・
> こういう勘違いさせてくる女は俺は嫌いです。
> ・・いえ、過去に苦い経験があるとかそういうことではなくてですね・・
まぁ、勘違いした男がいけないと思います。
この辺に関しては女性陣にも聞いてみたい気もしますけど。
男性陣はこの勘違いきっと多いのでしょうね。

> 3枚目はまさかまさかのですね・・w
> これはまた恐ろしい・・
ね~、怖いですね。
実体験ではありませんよ。
キレイな男の娘は知ってましたけどね。

> 見事な勘違いでしたよw
お褒めに頂きまして光栄です。
では、またの御来訪を楽しみに待っています。

なんとなく3枚目

こんばんは、渕さまようこそいらっしゃいました。

> 勘違い、ヒデ王さんはもう3枚描くのが前提って感じになってますねwwごちそうさまです!
前提ではないのですけど、なんとなく3枚描いてしまっています。

> 1枚目、缶違い。ミク忍者の素顔と豊満な胸が明かされた回となりましたねw
> 今回はミクさんよりMAXコーヒーをノリノリで握りしめているヒデ王さんに萌えました。
> 缶違ってるのにノリノリとか、S心がうずきます。罵りたい。
> ハッ、まさかこれはミクの下克上フラグ……!?
MAXコーヒーに気付いてもらってちょっと嬉しいです。
関西では売ってないかもですね。
昔は千葉県限定だった気もします。
激アマのコーヒーです。
そしてミクさんに罵ってもらえるのをwktkしながら待っています。

> そして2枚目。途中でネタはわかったはずなのに、表情が小悪魔すぎて胸が痛いです。
> 彼氏いるなら思わせぶりな態度とらないでよ!夫婦みたいな立ち位置にこないでよ!
> 小説の会話が自然すぎて、それも悲しさレベルをあげてますね……。
女の子はきっと無邪気に人を殺せると思います。
その勘違いで今まで何人の男性がやられてきたことか。
ホント、女性の笑顔は魔性ですwww

> で、3枚目!どうもBLごちそうさまです。
> こっちはオチが予想の斜め上を行ってて笑わせてもらいましたww
予想通りでは詰まんないですものね、人生。
そんなわけでがんばって描いてみました。

> それにしても、これは勘違いレベルがすごいですねぇ。たーいへーん。(他人事)
> 知人の方は結局どうしたのか気になりますが、とりあえずご愁傷様ですとだけお伝え下さいw
可愛い男の娘は本当に可愛いのです。
勘違いも致し方ない場合もあります。
そして同じ男性ですのでテクニックも(以下略

> 今回はお題なだけに絵も小説も、すごく楽しませていただきました!俺もがんばらねば。
はい、楽しみにしていますよ。
では、次回も御来訪を楽しみに待っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideking0512.blog137.fc2.com/tb.php/546-02134ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場版魔法少女まどかマギカ前後編 «  | BLOG TOP |  » とりあえず一段落!

プロフィール

ヒデ王

Author:ヒデ王
ようこそいらっしゃいました。
基本的に落書きメインになりました。
買ったもの自慢や、妄想を落書きしています。

たまにですが、健康についても語ったりします。

いい歳をして夢見るおじさんの近況や思ったことをこっそり書いています。

来るもの拒まず去るもの追わず、モモクリ三年描き八年。
まだまだ頑張るおじさんと遊びましょ?

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
日常 (119)
アニメ (20)
ゲーム (44)
健康 (15)
ライブ (1)
お絵かき (873)
学校 (7)
フィギュア (3)
お題 (3)
頂き物 (4)
動画! (2)
告知 (9)
イベント (4)
艦これ (1)
切り絵 (8)
オフ会 (6)
ドール (3)
お絵かき+α (1)

おかえりなさいませご主人さま

あなたは2011年8月1日から数えて

番目のご主人さまです

Pixiv

こちらにも投稿しています

よろしくおねがいします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。